リコーダーコンテスト

リコーダーを通じた日比文化交流

JPVAでは、毎年11月の最終週、または12月の1週目の土曜日に行われるリコーダーコンテストを支援しています。
この事業は日本から提供されたリコーダーをダバオ市の各学校に配り、リコーダーの普及を図るともにリコーダーコンテストでの演奏を通じ、子どもたちの協調性などを育んでいます。
毎年、日本の課題曲を各学校が演奏し、順位を競います。現在はダバオ市内の小学校及び高校あわせて20校以上が参加しています。

第16回 リコーダーコンテスト開催

2008年11月29日(土)ダバオ市カリナン地区音楽堂にて第16回リコーダーコンテストが開催されました。
毎年リコーダーコンテストで子どもたちが演奏する課題曲は日本の曲です。 フィリピンでは全く耳にすることのない曲が演奏されます。 指導教師に渡されるのは楽譜だけです。 先生たちも意味の良くわからない曲を練習し、子どもたちに指導します。 もちろん、事前に説明会があり、課題曲の説明もあります。
今回は特別な講習会(8月にプロのリコーダー奏者;浅井 愛さんをお迎えし、リコーダーの吹き方から、課題曲までご指導いただいた)もあり、講習に参加した先生方も熱心に課題曲の練習に取り組まれていたようですが、その分今回はその先生方の曲に対する理解度、先生方の指導力が順位に大きな差をつけたような気がします。先生が曲をしっかり理解し、指導できた学校は上位に入りました。 しかし、参加した子供達は皆楽しそうで、フィリピンらしく、女の子達はかわいらしく化粧をし、演奏後の晴々とした顔をしています。一年に一度のリコーダーコンテストに参加できることに喜びを感じてくれていることはとてもうれしいことです。音楽の授業が殆どないフィリピンで、これだけ多くの子供達がリコーダーを通して音楽に触れる機会を作っているリコーダーコンテストの意義を忘れず、今後も続けていってもらいたいと改めて思いました。そのために今後も協力をしていきたいと思います。

(今年の課題曲)小学生の部:村祭り、高校の部:こきりこ節
(今年の優秀校)小学生の部:ラクソン小学校、高校の部:アミーゴ高校

世界的リコーダー奏者 浅井愛さん ダバオ訪問!

皆さんはプロのリコーダー奏者の方が演奏された笛の音色を聴かれたことがありますか?小学校や中学校で音楽の時間に練習し、吹いたソプラノやアルト笛の音色から全くイメージが変わるようなすばらしいリコーダーの演奏を今回ダバオで聞くとができました。

8月21日からリコーダー奏者の浅井愛さんがダバオを訪れ、今年16回目を迎えるカリナン・リコーダーコンテストの参加校で子供達の指導をする先生方のためにリコーダーの講習を行ってくださいました。

浅井愛さんは2005年からイタリアのミラノ国際音楽アカデミーに2年間留学され、ルネサンス音楽をはじめ、バロック音楽についても学び、現在は日本の各地でコンサートをされているプロのリコーダー奏者です。

2日間カリナンと日系人会学校で行われた講習会には計50名以上の小学校、高校の先生方の参加があり、短い時間ではありましたが、今年のコンテストの課題曲である「村祭」「こきりこ節」を熱心にご指導いただきました。

講習会の最後には浅井さんのミニコンサートがあり、参加者にはとてもうれしいプレゼントとなりました。カリナンでの講習中に参加者が練習しているリコーダーの笛の音に、小鳥がさえずりし、返事をするというようなハプニングもありました。

リコーダーはもともとヨーロッパで小鳥のさえずりを“RECORD(記録)”するために作られた楽器とか・・・講習初めに浅井さんがご説明くださったお話通りの出来事に参加者全員、浅井さんも驚きました。

8月26日は日系人会日本祭の前夜祭として行われた音楽祭にご参加いただき、日系人会学校教員、スタッフ、児童、生徒、ダバオ在住の日本人の方々に初めて体験する様なリコーダーのすばらしい音色を聞かせてくださいました。日本からご持参いただいたリコーダーは7本。今まで見たこともない小さな笛、大きな笛・・・それぞれに違った音色。

お忙しいスケジュールの中、ダバオに来ていただき、すばらしい機会を与えてくださった浅井愛さんに感謝いたします。

第15回 リコーダーコンテスト開催

2007年12月1日(土)ダバオ市カリナン地区音楽堂にて第15回リコーダーコンテストが開催されました。
今年で15回目になるこのコンテストではダバオ市の小学校・高校からこの日のために練習してきた生徒達が素晴らしい演奏を披露しました。
今年は小学校の部から15校、高校の部から4校の学校が参加しました。

このコンテストは日本からダバオ市の学校に送られたリコーダーを使用されています。 年々、生徒の皆さんはその演奏技術を上達させています。 小学校の部ではLACSON E/Sが優勝し、高校の部では2年連続AMIGO SCHOOL OF CALINAN H/Sが優勝しました。


第14回 リコーダーコンテスト開催

2006年11月25日(土)ダバオ市カリナン地区音楽堂にて第14回リコーダーコンテストが開催されました。 今年で14回目になるこのコンテストではダバオ市の小学校・高校からこの日のために練習してきた生徒達が素晴らしい演奏を披露しました。
今年は小学校の部から12校、高校の部から4校の学校が参加しました。 このコンテストは日本からダバオ市の学校に送られたリコーダーを使用されています。 年々、生徒の皆さんはその演奏技術を上達させています。
小学校の部では2年連続AMIGO SCHOOL OF CALINANが優勝し、高校の部ではAMIGO SCHOOL OF CALINANが優勝しました。

今年の参加校以下の通りです。

小学校の部
・SUBASTA E/S
・BOLTON E/S
・BUCANA E/S
・VILLAFVERTE E/S
・AMIGO SCHOOL OF CALINAN E/S
・NEW MATINA E/S
・MARILOG E/S
・MALAGOS E/S
・KIBALANG E/S
・LACSON E/S
・WANGAN E/S
・PANGYAN E/S
高校の部
・SFCO H/S
・PNJK H/S
・AMIGO SCHOOL OF CALINAN H/S
・CN H/S

CASEDO(カリナン社会環境開発機構)

►CASEDO(カリナン社会環境開発機構)

国際ボランティア貯金配分金事業

►農民のための農業技術・経営セミナーの開催
及びセミナーハウスの建設プロジェクト

文化交流事業

►リコーダーコンテスト

環境教育事業

►環境セミナー及び植林活動

活動内容

■パナイ日系人会支援
保育所や平和祈念資料館など支援しています。
►詳細はこちら。
■セブ日系人会支援
福祉作業所を支援しています。
►詳細はこちら。