■日本フィリピンボランティア協会 会長 八木眞澄

当協会は、日比の弱い所を認め合い補い合う活動をつづけています。
共に学び実践し新しい日比の関係を築いて行きましょう。
あなたのご参加をお待ちしております。

■主旨
この会はフィリピン各地の教育・環境・福祉・医療・文化交流等の草の根活動を実践しています。日比の人達が次々と生まれる課題に目を向けて、ふれあいを深めながら「自分は何が出来るか自分に挑戦し実践し、自分の生き方を探る会」でもあります。

■沿革
この会は貧困以下の生活を強いられていた日系人のための教育活動から出発しました。 その後は日系人の方たちと共に地域社会に貢献していく活動に変わりました。 最近は、日本とフィリピン両国の課題を見つめ弱い部分を互いに助け合う活動を研究し実践しています。

■JPVAの歴史・歩み

1985年ダバオに日本語学校開設 日系人会への支援開始
1991年日本フィリピンボランティア協会発足 ダバオ・カリナンで環境保全推進グループ(CASEDO)結成
1993年ダバオ・カリナン熱帯林学習センター完成 ダバオ日系人会小学校開設
パナイ島イロイロ日系人会館完成 水田耕作はじまる
1994年 ダバオ・トリルに地域医療福祉総合センター(CMU)完成
ダバオで看護婦を対象に日本向けヘルパーの養成が始まる
ダバオ・カリナンにフィリピン日本歴史資料館完成
1996年セブ福祉センター完成
1997年 ダバオにボランティア体験学習宿泊研修所マリナオン・ドミトリー完成
1999年 日本向けヘルパー養成再開 ダバオに「生きがい研究所」開設
2000年 「特定非営利活動法人日本フィリピンボランティア協会」法人認証
ダバオ日系人会ハイスクール開校
2001年 貧困集落の移動児童館活動開始
2002年 ミンダナオ国際大学開校(国際学部日本研究科、福祉科他)
ミンダナオ国際大学後援会発足 日比福祉活動・教育活動人事交流開始
2003年 ミンダナオ国際大学に日比関係総合研究所開設
ミンダナオ国際大学に日本語教育推進室開設 女性職業訓練開始
2004年 マラパンギコミュニティセンター開設 女性自立の家開設
2005年 YAGI幼稚園開園 介護の日本語作成・販売 マリナオンドミトリー増改築
2006年 フィリピン青年海外協力隊(POCV)発足
パナイ島幼稚園開設 若干介護の必要な高齢者の受け入れ開始
2007年 地域医療福祉センター(CMU)活動中止 貧困集落バジャウ識字教育実施
マラハンでの野菜実験農場開設 日本へのボランティア体験活動中断
2008年 ミンダナオ国際大学日本語通信教育開設
パナイ島平和祈念資料館の建設 マラハン農業協同組合設立

What's JPVA

►ごあいさつ ►主旨・沿革 ►歴史・歩み

団体概要

法人名:日本フィリピンボランティア協会(JPVA)
英名:Japan Philippines Volunteer Association
設立年:1991年
会長:八木眞澄
会員数:227名(2014年7月現在)
活動地域:フィリピン共和国ミンダナオ島ダバオ
主な活動分野:教育・環境・保健・福祉・貧困
日本事務所:
〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘2-30-1
TEL:03-5384-9536 FAX:03-3326-5037
E-mail:jpva(at)mua.biglobe.ne.jp
(at)は@に置き換えてください
URL: http://jpva.org
郵便振替:00180-3-709877